トップ >> 賃貸選びのヒントとなる項目

賃貸探しに役立つ情報

静かな賃貸物件を選ぼう

静かな環境の賃貸物件を選びましょう。どれくらいの程度の物音をうるさいと感じるかは、ひとそれぞれではありますが、静かであるに越したことはありません。環境が静かな事以外にも、壁や天井の厚さをチェックする必要もあります。壁や天井が厚いということは、近隣住民の物音が聞こえにくいだけでなく、自分の部屋のテレビや洗濯の音も外に漏れにくいということです。そのため、自分も、近隣住民も互いに静かで平和な生活ができる事でしょう。また、築年数のチェックも忘れずにおこないましょう。新しい賃貸物件であるにこしたことはありません。

賃貸物件を選ぶのに準備するもの

さまざまなことを考慮して、賃貸物件をしぼって、下見に行くなら、メジャーやメモ、カメラなどを持って行きましょう。メジャーは、窓や収納のサイズをはかったりするのに使います。前もって知っておけば、引越しの前からカーテンや衣装ケースなどを購入しておくことができます。また、物件をたくさん下見に行くと、記憶の整理ができにくくなります。そのため、カメラで写真をとっておきましょう。そして、もし、下見しにいったときに、「ここにしよう!」と決意をきめた場合のために、印鑑や身分証明書、仮押さえのための手付金を準備していきましょう。